家族の病気の特性を知る

病気の特性を理解しましょう

わたしたちは、いつどんな病気になるか、それは誰にもわかりません。もし家族が病気になったら、わたしたちは何ができるのでしょうか?まずしなければいけないことは、その病気についての知識を深め、正しく理解することでしょう。患者を支える家族の理解がないと、病気の回復に繋がりません。病気の特性を理解して、その上で自分になにができるのか、よく考えてみましょう。きっと家族のあなたにしかできないことがあると思いますよ。

統合失調症の行動特性

もしも家族や友人が統合失調症になったら?多くの家族は、病気を受け入れることができず、ついその病気の存在を否定してしまいがちです。しかし、どんなに辛くても病気に向き合うことが、解決への第一歩となります。ここでは、統合失調症の人に共通した気質と行動特性を説明しています。統合失調症からの回復には、家族や周囲のサポートが不可欠です。この病気を受け入れ、正しく理解し、患者の助けとなってあげてください。続きはコチラ

統合失調症の行動特性

色々な原因で発症する鬱病

近年の調査で、約13人に1人が生涯のうちに「鬱病」を経験すると言われています。このことから、鬱病は決して特別な病気ではなく、誰もがかかる可能性のある病気と言えるでしょう。しかし、鬱病の知識を持ち、正しく理解している人は意外と少ないのです。鬱病にかかった人は、周囲の理解をなかなか得られず、苦しむことになります。そんなことにならないためにも、わたしたちは鬱病を知る必要があるのです。続きはコチラ

色々な原因で発症する鬱病

がん患者を支えるときの注意点

大切な家族が「がんの告知」を受けたら、本人だけでなく家族も周囲の人たちも大きなショックを受けます。近年、医療技術の進歩によって、「がん=死」と必ずしも結び付くわけではありません。それでも、本人も家族も大きな衝撃を受け、不安感が募ります。告知後は、本人だけでなく家族みんなで、がんと闘うことになります。そんなとき、家族は何ができるのか?もしも家族が「がん」になったとき、患者を支えるために大切な注意点をまとめました。続きはコチラ

がん患者を支えるときの注意点

家族のあなたが溜め込むことのないように

病気になると、患者本人はその症状に苦しみ、大きな不安を抱えることになります。そんな病気の患者を看病し、その心に寄り添い、支える家族にも大きな負担とストレスがかかることになります。とくに患者が大きな病気にかかっている場合など、その患者を支える家族は、身体的にも、経済的にも、そして精神的にもストレスを抱えることになります。そんなストレスを放っておいては、心にも身体にも良くありません。そこで、ストレスを発散、解消する方法をご紹介します。続きはコチラ

家族のあなたが溜め込むことのないように

よく読まれているコラム一覧

家族支援専門看護師として働くやりがいとは?
家族支援専門看護師として働くやりがいとは?

家族支援専門看護師とは、「看護」の分野を超えて「コーディネーター」、「コンサルテーション」といった役割を担えるのも大きな魅力でしょう。家族の在り方はさまざまで、その多様さに合わせた看護ケアを行うことは、とても困難でありながら、やりがいのある仕事と言えるでしょう。資格を取得し本格的に活動を始めてからが、この家族支援専門看護師としての腕の見せ所と言えるでしょう。続きはコチラ

がん患者を支えるときの注意点
がん患者を支えるときの注意点

家族ががんになったとき、ほかの家族の考えるべきこととはなんでしょうか?まず、家族が「がんの告知」を受けると、患者も家族も落ち込みや不安、心配など、精神的に大きなストレスをかかえることになります。入院となった場合、患者の身の回りの世話を誰がするのかなどの分担を決めなくてはいけませんし、家族の中で入院した家族をどのように分担するのかを決める必要があります。続きはコチラ

もしもの時のために医療保険を
もしもの時のために医療保険を

日本には「健康保険」と「高額療養費」という制度がありますので、医療保険に絶対に加入した方がいいとは言えませんが、全ての場合で健康保険が使えるわけではありません。先進医療が必要になった場合には、数百万円の自己負担が必要になる可能性もありますので、こういったことを考えると不足分を民間の医療保険や共済に加入して補う方法を考えるのもいいでしょう。続きはコチラ